2023年12月18日 (月)

2023年12月 よこすか子育て応援フェスに参加

よこすか子育て応援フェスに参加させていただきました。

今回、ワークショップをしました。クリスマス時期なので、クリスマスブーツやクリスマスツリーの工作と、リースの折り紙制作の3種類から選んで、作ってもらいました。

参加者が多いイベントなので、クレヨンで絵を描いたり、パーツを貼り付けて、ササっと出来上がるような作業に絞った内容でした。赤ちゃんから中学生くらいまでの幅広い年齢のお子さんに楽しんでいただくことができました。

お子さんたちの作品や考えには、本当に毎回、素敵だなぁと思います。

今回、初のクレヨン体験のお子さんもいて、楽しそうな笑顔が可愛かったです。

ご参加をありがとうございました。

ほのぼのサロンの活動は、現在、イベントでワークショップをしたり、折り紙を配布したりと、ボチボチの活動ですが、微力ながらも子育ての応援として、親子の笑顔の時間を作っていきたいなぁと思っています。

これからも頑張りますので、機会がありましたら、是非、参加してくださいね。

2023年10月31日 (火)

今年も寄付させていただきました

ほのぼのサロンは、現在、年に数えるほどですがイベントで、ワークショップや折り紙をしています。その時に募金箱を用意しています。

今年も『桜ライン311』と『がんの子どもを守る会』それぞれに、集まった募金を全額寄付させていただきました。

ありがとうございました。

これからも継続した支援ができたらと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

2023年10月 7日 (土)

言葉の魔法

最近、イベントに参加していなので、しばらくブログの更新もなく時間が過ぎてしまいました。

12月17日(日)に「子育て応援フェス」(会場:産業交流プラザ)のイベントに参加の予定です。子育て応援フェスには、市内の子育て支援の活動をされている方が多く参加しています。良かったら遊びにいらしてください。

ほのぼのサロンでは、東日本大震災の被災地への募金活動とがんの子どもたちへの募金活動と、クリスマスの工作(先着順)を行う予定です。

さて今日は、子育て応援の記事を書きたいと思います。

「人は扱われたような人になる」ということを教えていただいたことがあります。自分自身の経験、育てている経験から確かになぁと思うことがあります。

例えば、「あなたは馬鹿だ!」と何度も聞かされて育ったら、どうでしょうか?何か失敗しても「私は馬鹿だから仕方がない!」と開き直ってしまったり、「馬鹿な自分がいけないんだ」と落ち込んだりするかもしれません。どこかインプットされてしまう傾向があります。

子どもを問題児だと扱えば、子どもも「自分は問題児」として認識し、問題行動を繰り返します。

子供には子ども自身の人格があるため、コントロールできません。100%大人の言う通りになることはありませんが、大人の対応は子どもに影響を与えるものの一つです。

本当に単純なことではありますが、良い言葉かけは、子どもに良い影響を与えます。

例えば、問題行動を起こす子どもでも、優しいところがあったり、努力している姿もあります。そうした優しい行動に対して「〇〇ちゃんは、優しいね」とか、努力に対して「ここまでよくやったね」など声をかけます。その中で少しずつ、良い行動が増えていき、子どもの問題行動が減っていくこともあります。

言葉は魔法だと思って、良い言葉かけを増やしてみてくださいね。

2023年4月 2日 (日)

第6回ボラ連キック・オフ・フェスタへの参加

久しぶりに、ボラ連キック・オフ・フェスタに参加させていただきました。ここ数年、実行委員として動いていることもあり、参加団体の多い中で、ほのぼのサロンとしての参加は見送ってきました。

まだまだコロナの影響もあり、参加団体が少なめのこともあり、今年は、展示コーナーであれば参加が可能かということで、展示コーナーで参加させていただきました。

当日は、お手伝いに2名入ってもらったおかげで、来場者とのコミュニケーションをとって楽しい場にすることが出来ました。

展示では、子どもたちの好きなキャラクターを折って飾りました。そして、折り紙で作ったおもちゃや飾り物、小物入れなどを配布させていただきました。プラスして、大人の方も立ち寄っていただいたプレゼントにポストカードの配布もさせていただきました。

多くの方が立ち寄ってくださり、好きなものを見つけてくださって、嬉しい限りです。

そして、合わせて、東日本大震災の被災地の活動「桜ライン311」への募金&「がんの子どもを守る会」への募金活動をさせていただきました。

多くの募金が集まりました。今年、寄付として送らせていただきたいと思います。ご協力をありがとうございました。

2023年1月 4日 (水)

あけましておめでとうございます2023

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、子育て支援のイベントにお声がけをいただきました。コロナの中で、無人での参加の形をとらせていただく時もありました。

イベント会場では、同じく子育て支援をしている活動者の皆さんとお会いできたり、刺激となった年でした。そして、イベントでは、親子の笑顔に微笑ましくなりました。子育て応援で求めているものの一つですね。

現在、ボチボチの活動ではありますが、今年も親子が笑顔になる活動を目指して頑張っていきたいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

2022年12月 5日 (月)

2022年12月 子育て応援フェスへの参加

子育て応援フェスに参加させていただきました。子育て応援フェスは、子育てを応援している団体や個人の方が集まって開催しているイベントです。お声をかけていただき、今回で2回目の参加です。

 

今回、12月ということで、折り紙でクリスマスリース作りをしました。そして、プラスしてクリスマスバージョンのしおりを作りました。1歳くらいのお子さんから中学生くらいのお子さんまで、クリスマスリースやしおり作りに参加してくれました。今回、スタッフは私を入れて2名でした。

 

お昼時間にちょっと空き時間はできましたが、その他は大忙しで嬉しい悲鳴でした。多くの親子の皆さんに楽しんでいただけたことが幸いです。

 

ご参加、ありがとうございました。

2022年7月24日 (日)

2022年7月 子育て応援フェスへの参加

よこすか子ども応援フェスに参加させていただきました。

コロナの感染が拡大する前は、折り紙のワークショップも予定していましたが、感染が拡大してきて、仕事の関係でなるべく人との接触を避けないとならない状況となり、無人の形で展示などを行わせていただくことにしました。

直接、会場のお母さんやお子さんと触れ合うことができませんでしたが、イベントを少しでも楽しんでいただけるようにと願って、日々、準備を進めさせていただきました。

コロナが落ち着いたら、また親子が喜んでもらえるようなものを行えたらいいなぁと思います。

ほのぼのサロンのコーナーにお立ちよりくださった方、ありがとうございました。

2022年6月12日 (日)

久しぶりのイベント参加

数年ぶりに、イベントに参加してきました。

毎年、募金活動をしたりしながら、東日本大震災の被災地と、子どものための団体に寄付させていただいています。

コロナが流行してから、なかなかイベントに参加できていませんでしたが、今回、参加を試みました。

ありがたいことに、ボランティア関係者が主催する東日本大震災の被災地を応援するイベントに、参加のお願いをしたら、快く了承してくださいました。

ほのぼのサロンで出来ることとして、お子さんへのプレゼントに折り紙作品を持参していきました。そして、ワークショップも臨機応変にできるように準備していきました。

スペースの関係で残念ながらワークショップはできませんでしたが、たくさんのお子さんにプレゼントすることができました。

次回に向けて、また準備をしていきたいです。

 

2022年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます 2022

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします

昨年は、保育の現場で働く日々でした。赤ちゃんから小学生まで可愛い子どもたちとたくさん遊んだり笑ったり、勉強したりと充実した楽しい日々でした。半面、体力的にはもうキツイ年齢ではあります(笑)

私事ですが、我が家の末っ子が20歳となりました。子育ても一段落しました

今年も変わらず現場での仕事をしていく予定ですが、今までの保育士・支援員としての日々の経験や学び、子育ての経験を活かし、更に研磨して、子どもたちの成長の応援や子育ての応援をしていけるよう、私自身も更に成長していきたいです

また発達関係の専門性を高め、発達の理解を広める活動を展開していけたらと考えています

これからもどうぞよろしくお願いいたします

コロナの流行もまだ収まらず、大変さもありますが、どうぞお体に気をつけてお過ごしください

2021年7月18日 (日)

子育ての大変さは、皆が同じではないこと

ブログを見てくださり、ありがとうございます。

子育て中のお母さんや、子育てのお母さんを応援してくださる方に読んでいただけたら幸いです。

子育ての大変さは皆が同じだと思われていることが多いように思います。子育てが大変で困っているお母さんが「子育てが大変で~。」と話をすると、周りの人は「どこも同じよ~。」と励ましの意味で言ってくださる方もいるでしょう。

しかし、私たち大人も色んなタイプの人がいて、得意不得意なことが違うように、子ども一人一人も色んなタイプの子がいて、得意不得意も様々です。実際に、同じお母さんが育てている兄弟姉妹でも、違いがありますよね。

子育てでは、お子さんの特性によっては、とても大変な場合もあるのです。

例えば、あれもこれもと子どもが興味を持っては、子どもがサッとどこかに行ってしまったり、危険な行為をしてしまうために、常に目を離せない。お友達とのコミュニケーションが上手くいかないために、お友達を叩いたりトラブルを起こしてしまい、お母さんが謝まってばかりになっている。など、お母さん本人の苦労も様々あります。

私も今までに多くのお子さんたちと関わってきましたが、この子のお母さんは子育てが大変だろうな~。と思うこともあります。

その子の成長の結果はお母さんの育て方だと言われてしまうこともあり、お母さんにとっては子育ての責任のような重圧を感じてしまうこともあるでしょう。しかし、育て方の問題ではないこともあることを知って欲しいと思います。 

周りの大人が、その子の特性を理解し、その子にあった対応をしていくことが大切であり、専門的な視点で専門の方に見ていただくことも大切だと思います。子育ても、お母さん一人の力では、難しい場合があり、専門の力を借りて育てていく方が、その子にとってもお母さんにとってもよい場合があるからです。

他のお子さんと比べて、うちの子の子育ては大変すぎると思う場合は、一人で悩まずに、是非、子育ての相談窓口などに相談して欲しいと思います。そして、子育てに悩んでいるお母さんが近くにいて相談を受けたら、子育ての相談窓口に相談してみることを勧めてあげてください。

※ 一つ、子どもの発達での注意点です。今の時代はスマホの動画やゲームなどが身近にあります。動画やゲームがあればおとなしいからと常に与えている場合も(現代社会としても)多いことと思います。そのために子どもの特性に気がつきにくい場合があります。動画やゲームがない時の様子をよく観察し、成長の過程で気になることがありましたら、一度、相談されるとよいかもしれません。

ほのぼのサロンは、お母さんたちの子育てを応援する場所として開設しました。親子サロンの交流の場は、2年前に活動を終了しましたが、少しでもお母さんたちの子育てがしやすいように、情報を発信できたらと思います。

«震災から10年

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ